大阪新世界とは

天王寺動物園

新世界は元々畑や荒地が広がっていましたが、明治時代に開催された内国勧業博覧会の際、会場敷地となって市街地化されることになりました。この内国勧業博覧会は5ヶ月で入場者約530万人という盛況っぷりでした。博覧会が終わると、その跡地を一大娯楽センターにするとして「新世界」が誕生しました。新世界はパリとニューヨークの二大都市の街並みをモデルとし、当時の通天閣も凱旋門の上にエッフェル塔を乗せたような形をしていました。遊園地「ルナパーク」もオープンし、パーク内には今は通天閣にあるビリケンが設置され、通天閣と共に大阪の名物となりました。通天閣とルナパークがオープンしたことによって芝居小屋や映画館、飲食店が集中するようになり新世界は栄えていきました。今でも「街全体がテーマパークのよう」と評されることの多い新世界ですが、通天閣とルナパークには旅客用のロープウェイもあったそうですし、実際にテーマパークだったんですね。

新世界には2つの顔があります。1つは観光地としての顔。もう1つは大阪の下町としての顔です。串カツと書かれた巨大看板が立ち並ぶ向こうにそびえ立つ通天閣…よく雑誌なんかの写真で使われるこのエリアは観光地としての新世界。休日には家族連れで賑わい、串カツ以外にもたこ焼きやお好み焼きが沢山売られています。人力車で街を周ることもできます。まるで明治時代に開かれた博覧会が終わったことに気付かないまま、ずっとお祭りをやっているみたいな賑わいがあります。 そんな煌びやかなエリアのすぐ近くに、下町情緒溢れる新世界が広がっています。動物園前駅を降りてすぐのジャンジャン横丁では将棋道場やスマートボール場、立ち飲み屋が並び、まるで昭和にタイムスリップしたかのような気分が味わえます。実際若者よりお年寄りが多く、地元の人が楽しむエリア、と言った印象です。

また、恵美須町駅から通天閣までの道のりの途中には明らかに雰囲気の違うアーケード街が見えてきます。そこが「新世界市場」です。アーケードの中は半分以上が休みでもないのにシャッターが降りていて、正直賑わいは全くありません。ですが、実はここ、隠れた人気エリアなんです。商店街に貼られた沢山のポスターを良く見てみると、「半分閉まってる?半分開いてるからええやないか」や「売り上げより年金の方が多いわ」など、ブラックジョークの効いたものばかり!電通の若手クリエイターが商店街復興のために制作したものだそう。思わず笑ってしまうものや、胸にぐっとくるものも沢山あり、今ではカメラを持って訪れる人も多いそうです。観光地新世界でコテコテの大阪を楽しむもよし、地元のお年寄りに混じって古き良き大阪風情を楽しむもよし。2つの顔を持つ新世界を思う存分楽しんで下さい。

天王寺公園

天王寺公園

天王寺駅から歩いてすぐ、リニューアルされたばかりの緑豊かな天王寺公園。 てんしばの愛称で親しまれているこちらの…

続きを読む →

今宮戎神社

今宮戎神社

今宮戎神社は、大阪市浪速区にあり大国町駅、恵比寿町駅から歩いてすぐの所にあります。 笑った顔が可愛らしい商売繁…

続きを読む →

浪速クラブ

浪花クラブ

大阪の新世界にある「浪速クラブ」は、日本一安い芝居小屋として知られています。 浪速クラブでは、なんと3時間の公…

続きを読む →

天王寺動物園

天王寺動物園

天王寺動物園は新世界のすぐ近くにあり、日本で3番目にオープンした歴史ある動物園です。 総入園者数が1億人を越え…

続きを読む →

大阪市立美術館

大阪市立美術館

天王寺公園を抜けると、海外を思わせるような重厚な外観の大阪市立美術館が見えます。アールデコと呼ばれる西欧の装飾…

続きを読む →

新世界稲荷神社

新稲荷神社

大阪のシンボル通天閣で有名な新世界にある新世界稲荷神社は、新世界の誕生に合わせて商売繁盛や新世界の繁栄を願って…

続きを読む →

スパワールド

スパワールド

新世界のシンボル通天閣のすぐそばにあるスパワールドは日本最大級の温浴施設です。 「世界の大温泉」をキャッチフレ…

続きを読む →